仙台市の一戸建て住宅の不動産査定

不動産査定は基本的に建物ではなく土地に評価の重点が置かれています。

仙台市の土地が不動産査定でどう評価されるか、マイナスとなりうる点はどのようなものがあるのかも含めて考えてみましょう。

◎評価の基準は実勢価格。

不動産査定の方法や評価基準は、仙台市青葉区であっても何処の県や市であっても、変わることはありません。

基本は土地の公示価格・路線価、実勢価格などで、不動産査定においてもっとも重視されるのは土地の実勢価格です。

実勢価格は実際に市場で売買されている値段ですから、それをもとに価格をつけている限り、誰も損をしないという前提になります。

◎地盤改良の必要があるかないかが問題に。

では土地の評価でマイナスとして判断されるものは何なのでしょうか。

それは地盤です。

特に東北の大震災や熊本地震が起こって以来、地盤に対する評価が査定に響くようになりました。

軟弱地盤と査定された場合土壌改良の必要があるので、それが不動産査定時の価格に反映されてしまうケースもあるのです。

しかしながら仙台市青葉区は人気の高いエリアで引き合いも多くあることから、不動産査定にはそれほどの影響を与えないと思います。

◎不動産査定額が気になる場合は、ネットの地価検索で仙台市青葉区の平均価格をチェックしてみましょう。

ネットで全国の地価を簡単に調べられます。

「仙台市 青葉区 地価」などとキーワードを入れて検索すればすぐに出てきます。

青葉区は前年同期比でプラス7%台の上昇率があります。

一度調べてみてください。