不動産査定が有利になるポイントは?

仙台市にあるマンションの不動産査定ですが、アップさせるポイントは補修や耐震性にあります。

個人でできる範囲ではありません。

お話ししておきましょう。

◎マンションの場合の不動産査定とは。

マンションの場合の不動産査定は、建築年数と専有面積、土地の区分所有権、立地条件、それに実勢価格などを総合的に評価して査定額を決めます。

仙台市に限らず、マンションの立地は最寄り駅に近く、周辺に緑地や公園が多数あるといった条件が揃えば不動産査定額はアップします。

戸建て住宅とマンションの不動産査定の違いは、建物の築年数が経過していても補修や耐震性などがしっかりしていれば、マンションとしての査定額がアップするという点です。

◎補修の良さ、耐震性の度合いなどがポイント。

不動産査定を有利にする、つまり査定額を高くするポイントは先にお話ししたように、補修や耐震性の度合いが高いか低いかです。

極端な話ですが、その仙台市の物件を高く査定してもらうためにリノベーションしてもあまり意味はありません。

採算割れしてしまうからです。

不動産査定のポイントは、個人の占有空間にあるのではないので、あまり気にしなくても良いでしょう。

◎立地条件が揃っていて80㎡のマンションなら普通に不動産査定を受けてもそれなりの売却価格がつくはずです。

仙台市内にあるマンションで買物施設や緑地の数、駅徒歩分数などを満たしていれば、わざわざ不動産査定での上乗せを考えなくても十分な値がつきます。

80㎡のマンションはファミリー向けとしても広いほうです。

買い手はすぐに見つかるでしょう。

ヘタにリフォームやリノベーションをする必要はありません。