不動産査定はどこに依頼すべき?

仙台市の戸建て住宅をマンションに買い替えるに当たって、不動産査定士を融資の借り主が手配するなどということがあるのでしょうか。

お話ししておきましょう。

・その前に永遠のテーマ「一戸建て」と「マンション」のメリット・デメリットはコチラ~https://news.careerconnection.jp/?p=39671&page=2

◎不動産査定は融資金を担保するため。

結論から言ってしまうと、不動産査定というのは融資を担当する銀行が、融資額を担保するために行なう行為です。

借り主が個人的に不動産査定士に依頼をしても意味はありません。

銀行は仙台にある戸建て住宅やマンション買い換えの話を受けた段階で、自分の銀行からあなたのもとへ不動産査定士を差し向けます。

あなたが個人的に雇った不動産査定士の評価をベースにはしません。

◎不動産査定士を決めるのは銀行。

先のお話で分かるとおり、仙台市の物件であってもどこの物件であっても、不動産査定士を決めるのは融資をする銀行自身で、「単なる知り合いではなく銀行を通した方が良いか」という話ではありません。

必然的にそうなります。

また融資を受ける側に主導権はないので、たとえば仙台市の不動産査定から売却・買い換えの手はずまでは銀行にお任せということになります。

◎不動産査定は与信審査の一環のようなものです。

仙台市の物件を例に取るなら、銀行の評価が出るまでは、ヘタに気回しする必要もありません。

仙台市は東北の中でも都市機能の発達したエリアです。

地価は前年比で7%以上の値上りをみせ、商業施設などの集約化もすすんでいます。

今後しばらくは不動産価格の上昇が見込まれますので、不動産査定に必要以上の心配をする必要はありません。

じっくり構えていきましょう。