キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 ここだけの結婚指輪簡単アドバイス

結婚指輪の基礎知識あれこれ

<!-- IMAGEALT -->

結婚指輪の基礎知識についてです。指輪の始まりから日本に浸透したのはいつか、などをまとめています。

結婚指輪の基礎知識あれこれ

結婚が決まったら婚約指輪と共に結婚指輪を用意するカップルは多いです。

当たり前のように購入していますが、結婚指輪の由来などはご存知でしょうか。

もし知らないなら少しでも知っておくと良いかもしれませんね。

【結婚指輪の始まり】

結婚指輪は紀元前のヨーロッパからが始まりだと言われています。

最初の素材は鉄でしたが、後に金に変わっていきました。

欧米では結婚指輪というと金というように、金が主流となっています。

デザインはシンプルなもので、平打や甲丸と言われるものが多いです。

【左手の薬指につける理由】

結婚指輪というと左手の薬指につけるものですが、なぜなのでしょう。

これは、左手の薬指の血管と心臓と直接つながっているという古代エジプトの言い伝えからなのです。

また、西洋では左手の薬指にはめると愛情を示すと言われており、結婚指輪は貞節、誠実を意味しているので自分の愛情を貞節、誠実をもって相手に誓う意味で左手の薬指にするとも言われています。

【日本に浸透したのはいつ頃?】

日本で結婚指輪が広く知られるようになったのはいつ頃なのでしょう。

だいたいですが、戦後の1960年ごろだと言われています。

それほど長い歴史ではないですが、これは元々がキリスト教式の宗教的な儀式だと考えられていたからです。

今は宗教的なことは超えて、神社で行われる結婚式でも結婚指輪の交換を行うようになっています。

【永遠の愛の証】

結婚指輪の円は継ぎ目なく続く永遠のシンボルです。

神様の前で交換して誓うことで、永遠の愛の証となるのです。